誰にでも経験ある腰痛…腰を痛めないコツを知っておこう


腰痛は突然やってくる

仕事をしていると腰痛という言葉をよく聞きます。職場仲間の中には必ずと言ってもいいほど腰痛持ちがいたりします。腰痛で会社を休んだりする人も多いと思いますが、腰痛ってある日突然になってしまうものなんです。原因はいろいろ考えられますが、腰に負担がかかるような体勢を長時間続けて腰を痛めるという人が多いですね。そのおかげでギックリ腰になってしまったという人も結構いるはずですよ。

腰痛になってしまった時

腰痛は大きく分けると、慢性と急性の二種類あります。慢性は鈍い痛みが長期に渡るもので、急性はいわゆるギックリ腰と呼ばれている腰痛です。軽い腰痛なら適度な運動やストレッチで改善されることもあります。逆にギックリ腰になってしまった時は、無理に動かさず安静にする方がいいでしょう。一般的な痛み止めとしは湿布があります。湿布には貼るタイプと塗り薬があり、貼り薬には温湿布と冷湿布があります。痛みによって温めるか冷やすか変わってきます。

運動することで腰痛が防げる?

腰痛の原因の一つとして運動不足なんていうのもあります。使っていない筋肉や筋を急に使うと、その個所を痛めてしまうことがあるんですね。こういう場合は単なる運動不足が原因になっていることが多いんです。日々の仕事に疲れて運動がおろそかになると、健康にも良くないんです。疲れているからこそ、スポーツを取り入れるなりの運動が必要なんですよ。ですからたまにしかやらない力仕事なんかだと、かえって腰痛の原因を作ってしまうんです。

腰痛の原因は人それぞれですが、腰痛の名古屋にある専門病院は10軒以上ありますので、インターネットの検索サイトでご自分に合った病院を見つけてください。