CADのシステムが役立つ現場の特徴を知ろう


CADの技術を習得するために必要な期間

CADの高度な技術を習得するためには、十年前後の期間がかかることがあるとされ、製図の方法に特にこだわるにあたり、職場の内外のセミナーや勉強会などに参加をすることが有効です。現在では、コンピュータによって製図を行うことが一般的となっていますが、各企業の事業内容に応じて、適切なCADのシステムを取り入れるにあたり、専門の業者の資料を取り寄せることが良いでしょう。また、CADの技術を従業員に学ばせるためには、段階的な研修を行う必要がありますが、一定の期間内で必ず責任者が学習効果を確認することが大切です。もしも、速やかにCADに関する技術をマスターしたい場合には、熟練の技術者にアドバイスをもらうことが肝心です。

CADを新たに導入するために掛かるコスト

CADを新たに導入するためには、高額なコストが発生することがあるため、各企業の製品の開発状況やスタッフの人数、スキルなどを総合的に判断することが重要です。例えば、一人の技術者がCADのシステムを巧みに使いこなすうえで、2台以上のパソコンを用意する必要があるため、初めてこうしたシステムの導入を考えたい場合には、腕の良いコンサルタントなどに相談を持ち掛けることが良いでしょう。

CADのシステムの維持費に関しては、各企業の実績によって、大きな差が出ることがありますが、なるべくアフターサポートが優れている業者に対応を依頼することが肝心です。その他、新入社員や中途採用社員にCADの技術を教え込むための費用や期間などにも着目をすることが大事です。

水道CADとは水道設備設計に特化してサポートするCADソフトのことを言います。画面上でクリックするだけで、設計記号を描画したり、間取りを変更することができ、手書きよりも素早く設計することができます。