どうやって選ぶ?光の量と向きを確認しよう!


同じ光量タイプを選ぶ必要がある

新しい仕組みの商品が出た時、それ以前とは基準が異なるかもしれません。電球といえば、これまではワットで明るさを見ていました。100ワットがかなり明るい光量になっていて、20ワットは光量も大分の落ちます。10ワット以下になると、睡眠時でも気にならないくらいの明るさになります。LED電球に取り換えようとするとき、以前と同じ光量を保つにはどうすればよいかです。一応、旧来の電球の何ワットに該当する光量が得られると表示されている商品が多いです。でも、一応どんな単位が使われているかを知っておきましょう。LED電球ではルーメンと呼ばれる単位が使われています。60ワットであれば810ルーメン以上であれば十分な光量になります。あくまでも目安なので、完全に一致するわけではありません。

下向きのみに明るいタイプがある

電球は、かの発明家であるエジソンが発明したとされています。フィラメントは日本の竹が使われたとされています。非常に長く使われてきましたが、LED電球が普及するようになって、少しずつ少なくなっています。しかし、LED電球の選び方を間違えると、希望通りの照明の役割を果たしてくれないかもしれないので注意しないといけません。従来の電球は、フィラメントが加熱され、光を放つ仕組みになっています。電球の周りすべてに光を放ちます。しかし、LED電球の中には、光の向きが下向きのみのものがあります。このタイプだと、天井や横に向く量が少なくなります。一応下は明るいが、天井部分は暗い状態になってしまいます。初期のタイプに多かったですが、最近は全方向に光を放つタイプが増えています。

LEDライトパネルは、今や多種多様の電化製品や工業製品などに用いられることがあり、日常生活における重要性が高まっています。