BCP対策で明るい未来を!事業継続に欠かせないBCP


会社運営に欠かせないBCP対策

会社を運営していくにあたり、日常の平穏な日々が永遠に続くとは限りません。緊急事態が起きた場合、何の対策もなしに事業を継続させることは困難です。その為、緊急時や非常事態に備えたBCP対策を考えておくことが大切です。

BCP対策とは何ぞや?

BCP対策には3つの概念があります。まず最初に自然災害や不祥事などの非常事態が起こった時に、被害を最小限に食い止め、優先順位の高いビジネスを再開させ損害を最小限に抑える経営手法のことです。次に災害や事故などが発生した際の非常時対応のマニュアルのことを指します。人命救助や事業の復旧作業などの手順などをまとめたものです。突如と起こる災害時でもマニュアルがあることで平常心を保てます。そして非常時に必要となるマニュアルを常日頃から認識しておく行為を示します。定期的な訓練を重ねることで、普段起こりえない非常事態に素早く対応することが可能です。

BCP対策の必要性とは?

BCP対策は法律で定められているものではなく、自己防衛手段として各々の企業が定める対策となっています。しかし災害が発生しやすい日本では、BCP対策は必要不可欠です。加えて人災による死傷者や人為的ミスによって引き起こされる不祥事やトラブルも備えがあることで的確に対応できます。そして世界情勢の悪化や災害の多発といった外的リスクの高まりや、業務の効率化やコスト削減の為の生産方式の変化などからくる事業構造のもろさもBCP対策の導入を促す要因となっています。

BCP対策が活躍する場面とは?

BCP対策を立てるにあたって、いつ使うものなのかを認識する必要があります。自然災害だけでなくテロやサイバー攻撃などを受けた場合、自社が原因となる内的なリスクの際の対策です。

BCP対策とは、災害や火災などのもしもの事態に備えて資産のダメージを最小限にとどめ、早急な回復をするための計画です。基本方針などを確立させ、日常レベルで運用していくのでまずは意識改革をしましょう。